優秀なのに無害!エコー検査について

検査・診断

優秀と言われてみたい、ねこ先生です=^_^=

先日エコー検査に関するお話を他院の先生と議論し非常に有意義だったのでメモメモ( ..)φ
まずは特徴から触れていきます!

エコーてなに?

名前だけでもある程度想像がつくかもしれませんがいわゆる「超音波検査」です!
なんといっても最大の特徴は放射線を使わないこと!
痛みもありません!

検査だけでなく、治療に使われる超音波もあり、骨折の際にくっつきを良くしたり治癒の促進効果があると言われております。
(しかし治療に用いられるものは上手に扱わないと痛みや熱感がでます)
超音波って実は優秀なんです(^^♪

使用目的は?各検査比較

病院では腹部、心臓、血管、体表など
接骨院では筋肉の状態を見たり、骨折の有無を確認するのに使用します!

とりあえず比較をご覧ください。

  エコー検査 MRI CT

レントゲン

写り方 不鮮明 鮮明 やや不鮮明

やや鮮明

特徴① 超音波 磁気 放射線

放射線

特徴②

胎児や筋肉など動いてるものも写せる。

機械も他に比べ小型で扱いやすい。

磁気の共鳴周波数の違いで検査。

最も詳細に検査ができる。

撮影部位の断面像を見ることができる。 骨は白く、ガスや空気は黒く写る。
メリット

動いていても撮影できる。

放射線もないので安全。

横だけでなく、縦断面図も見れる。

磁気を用いるので割と安全。

しかし事故は悲惨

レントゲンよりも詳細に検査することが出来る。 手軽に検査できる。
デメリット 深層(肺や脳)は写りづらい。

狭い空間で長時間動いてはならない。

ペースメーカーや刺青を入れていると使用できない。

被爆の量がレントゲンより多い。 被爆する。

もちろん全ての検査にメリットデメリットありますが、これだけのローリスクで用途は幅広く安全てすごいですよね!

最近の動向

ここからが新たに知ったことだったんですが、エコー検査がまた見直されているとのこと。

近年では柔道整復師の国家資格でも必修科目として導入され、整形外科などでも使用をすすめる院も増えているとのこと。

しかもこれまでとは違い ・脈拍をとる ・炎症具合を見る ・血流の具合を見る などにも使われているそうです。

これって共通しているのは患者さん目線になっていることですよね!

正直私たちはエコーが無くてもこの辺の事は簡単にわかります

しかし私たちが分かっていても口で説明されるだけでは分からない、伝わらない患者さんは大勢います。 その点その場で画面に写しながら説明できるエコーはとても素晴らしいなと感じました!

(もっと安ければ良いのだけど・・・( ^ω^))

コメント

タイトルとURLをコピーしました